えいごな英語

知らぬ間に英語が聞き取れるようになる(かもしれない)ブログ

all part of と all parts of

God’s plan(神の計画)という表現は、キリスト教の国ではちょこちょこ使われるようです。

起こる出来事は神様の大いなる計画であり、初めから決まっていた事だから仕方ない、という運命論的なニュアンス。




It's all part of God's plan.
「すべては神の計画のうちだ」

ブラックユーモアですね。
ちなみに、cyanide [sáiənàid]は「シアン化物」。ぶっちゃけ、毒物です。

be all part of~ は、「すべては~のうち(~の一部)だ」の形でよく見かけます。
この all は「すべての」という形容詞ではなく強調の副詞で、part of = a part of です。

part of:
Part of or a part of something is one of the pieces or elements that it consists of. You use part of or a part of in front of the singular form of a countable noun, or in front of an uncountable noun.

part:The Free Dictionary

all parts of~ と複数形になると、「~の全て」「全~」のように意味が少し違ってきます。


本館「イングリッシュパーラー」
カテゴリー おもしろ英文法
ラベル 英語アニメ
コメント 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

関連する記事

make timeとhave time

make time は、「時間を作る」というのが基本だと思うのですが、make good time や make great time だと「予定より早く着く」といった意味で使われます。 レースなどで「いいタイムを出す」という言い方があるけど、その「タイム」と同じようなニュアンスではないかと。 ちなみに、make time …
literally は、辞書引いてまず出てくるのが「文字通り」「逐語的に」という意味です。 ところが、以下のような文では、「文字通り」と訳すと、どこが文字通り?という疑問が湧き上がります。 "We were literally killing ourselves laughing." 「まさに笑い死にそうだった」 …
every、any、some は、違いが比較的はっきりしてる場合もあれば、どれを使っても変わらない場合もあります。 「こういう時はこう」ときっちり定義するのが難しいので、以下はあくまで一例です。 "Take any book(s) you want." 「どれでも欲しい本を取りなさい」 any book と単…
文法的にはほとんどの人が「そんなこと知ってるよ」という感じかと思いますが、ネイティブでない私たちにはいい聞き取り練習になります。 くせのあるアクセントなので聞き取りにくいけど、そこは字幕と想像力でカバー。 "Or literally ... you're a liitle illiterate." 「…

classicとclassical

classic と classical はどちらも「古典的な」という意味で、実際どちらを使っても同じというケースもあります。 ただ、classic は「最高傑作」という名詞や「非常に素晴らしい」という形容詞もあったりするので、その場合には classical は使えません。 Oxford によると、 "Great ar…