ラベル:英語

冷やすとおいしくいただけます

Revenge is a dish best served cold. 「復讐という料理は、冷まして食べるのが一番美味い」 Revenge is a dish best served cold -Urban Dictionary 昔からのことわざで、served cold は「冷製の」。名詞を後ろから修飾します。 も…

続きを読むread more

「人付き合いが上手い」

people も person も「人」。 この二つを一緒にした people person は、「人付き合いの良い人」「社交的な人」の意味で使われます。 "You're a good people person." 「あなたは、人付き合いがとてもうまい」 "You have good people skills.…

続きを読むread more

「レア・ミディアム・ウェルダン」ジョーク

オヤジギャグは、英語圏でも寒いものらしい。 bad Dad joke は、お父さんが思っているよりも周囲からは煙たがられるようです。 二人のお父さんのオヤジギャグ炸裂。 タイトル通り、The Ultimate Dad Joke Duel (究極のオヤジギャグ対決)です。 “I'm hungry.” (おなか減…

続きを読むread more

ドゥ・ユー・ノウ・ウノ?

絵もかわいくて、見てて燃えました! この protagonist(主人公)の男の子、Yuno(ユーノ?)くんと言うようです。 “I'm not letting you go that easily. I want to see your cute face break into tears!” 「そう簡単にはさ…

続きを読むread more

「好きにやらせて」

これ、出会い系アプリということで、Tinderかと思ったら、Bumbleというアプリなんだとか。 Tinderとどこが違うかというと、Bumbleは、マッチングしても24時間以内に女性からチャットがない場合は無効になるそうです。 Tinderより、Bumbleの方がフェミニストなシステムですね。 “Coul…

続きを読むread more

all part of と all parts of

God’s plan(神の計画)という表現は、キリスト教の国ではちょこちょこ使われるようです。 起こる出来事は神様の大いなる計画であり、初めから決まっていた事だから仕方ない、という運命論的なニュアンス。 “It's all part of God's plan.” 「すべては神の計画のうちだ」 ブラックユ…

続きを読むread more

ファイアマンは火を付ける人?

消防士さんは firefighter ですが、fireman も「消防士」です。 もとは fireman という語でよかったけど、今はポリティカル・コレクトネスの観点で、性差別的な語はイカン! ということで、firefighter が使われてます。 “You make fire like all the time…

続きを読むread more

ほんやくコンニャクの実現間近マジか

自動翻訳してくれるアプリとか、最近の自動翻訳技術の進歩はすごいですね。 でも翻訳の精度という点では、まだまだ改良の必要あるでしょう。どんなに翻訳技術が進んでも、多分人間の翻訳者はこの先も必要な存在なんじゃないかな。 でも、一般の人は、英語の勉強は……しなくてもよくなるかも? やりたい人だけやればよし、みたいな感じになるのかしら…

続きを読むread more

ジョージ・ルーカス監督とオスカー

久しぶりのブログ更新になってしまいました。 他ジャンルで色々やってたのですが、これからは英語ブログに本腰入れます。 それにしても、ジョージ・ルーカス監督がオスカー取ってないとは意外でした。 いや、だって、『スター・ウォーズ』も『インディ・ジョーンズ』も大ヒット作なのに。 編集によるものかもしれないけど、この動画はものすご…

続きを読むread more

second-guessとsecond thought

second thought(s)は「思い直し」「再考」のことで、rethink と同じです。 イギリス英語では通常 thoughts と複数形ですが、アメリカ英語では単数形の時もあり。 “Second thoughts are best.”(二度目の考えが最善)という言葉もあるので、どちらかと言うと「再考」はポジティブなイメー…

続きを読むread more

レーズンのために戦う

raisin(レーズン)は [réizn]だし、reazon(理由)は [ríːzn]。 発音は違いますが、似てないこともない・・・。 かなりクセのあるアクセントで、 “We fought this war for many raisins.” 「我々は多くのレーズンのためにこの戦いをした」 と将官がお…

続きを読むread more

bullet pointで行こう

bullet point はリストの項目に付ける黒い点のことで、そこから「箇条書き」という意味で使われます。 bullet-point summary(個条書きの要約)というフレーズもありますね。 「箇条書きにする」という時の動詞は、I use bullet points. というように、use を使ったり、add(加える)やら…

続きを読むread more