ラベル:洋画

ホームメイド「ジュラシック・ワールド」

手作り感あふれる『ジュラシック・ワールド』ですが、思わず引き込まれました。 BGMも人の声で表現するというこだわりがすごい。 CGや最新のSFXを駆使しなくても、俳優さんの演技だったりカメラワークだったり演出だったりで、十分面白い映画って作れるような気がします。 イングリッシュパーラー

続きを読むread more

フェイス・ウォーターフォール

face waterfall って何ぞ? 造語? 検索してもほぼヒットしないので、一般的に認知されてる言葉かどうかは謎です。 とりあえず、若干怪しげな Urban Dictionary には載ってました。(しかも投稿されたばかり:笑) Urban Dictionary: Face Waterfall 映画『フェイス/…

続きを読むread more

ダース・ベイダーとハーモニカ

自分の目で、息子ルークの姿を見たいというダース・ベイダー。 父と息子の感動的なシーンなのですが・・・。すみません、大爆笑。 feel blue は「憂鬱だ」「ブルーな気分」。 音楽の「ブルース( blues )」も、この意味の blue から来てますね。 そっとマスクを戻すルークの心の内や、いかに。 …

続きを読むread more

マイケル・ベイ監督の「●●」

もしマイケル・ベイ監督作だったら、という動画がいろいろアップされていて、笑わせていただきました。 マイケル・ベイ氏といえば、やはり爆発がなくっちゃ。 ということで、適度に爆発があり、雰囲気も合ってる『カールじいさんの空飛ぶ家』です。原題は Up。 イングリッシュパーラー

続きを読むread more

『ジョーズ』はホモ映画だった?

スティーヴン・スピルバーグ監督の1975年の映画『ジョーズ』は、子供の頃観て、ものすごく怖かったのを覚えてます。 人がジョーズに食われるところは、かなりショッキングでした。 もちろん、『ジョーズ』はスリラー映画なのですが。 実は、repressed homosexuality (抑圧されたホモセクシュアリティ)を描いている…

続きを読むread more

スター・ウォーズのXウイングお目見え

ユニセフに募金すると、『スター・ウォーズ エピソード7』に出演できるかもしれない、というキャンペーンです。 今回、J・J・エイブラムス監督がXウイングの傍に立ってコメントされてます。 いやもう、実物のXウイングって興奮しますね。 キャンペーンサイト は日本語対応です。 イングリッシュパーラー

続きを読むread more

もっと見る