"おもしろ英文法"の記事一覧

ミスターマウントセント

「聖人」を意味する saint は、人名の前に付けると、よく St. と省略されるのはご存知の通り。 “St.” という略語は、Saint (聖・・・)の他に、Oxford St. など「通り( street )」や、the Bering St. (ベーリング海峡)のように「海峡( strait )」でも使います。 「通り」…

続きを読むread more

私のものは私のもの

「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」は有名なジャイアニズムです。 ちなみに「ジャイアニズム」は英語ではありません、念のため。 「私の友達」と言う場合、my friend ではなく a friend of mine になりますが、これは、my だと「自分の所有物」になってしまうから・・・と習ったような習わないような。 …

続きを読むread more

マインドのその後に

I don't mind. は、「気にしないよ」と言いたいときに、とっても便利なフレーズです。 “Tea or coffee?” 「紅茶、それともコーヒー?」 “I don't mind.” 「どちらでも」 なんていうのは、定番中の定番。 mind の後を続けず、ピリオドが来ることが多いですね。 もちろん、…

続きを読むread more

どこかってどこさ

世間は、お盆ですね。 こう暑い日が続くと、どこか涼しいところに避暑に行きたいもんです。 I'd like to go somewhere cool. somewhere は、名詞だったり副詞だったり。「どこか」と漠然と場所を表すのに便利です。 Let's go somewhere where it's quiet…

続きを読むread more

エニデイ・サムデイ

イングリッシュパーラー「いくらかの」という数量を表わすとき、any や some を使います。 I need some yellow paper, but I don't have any. 「黄色い紙が必要だが、私は持っていない」 否定文では any、肯定文では some を使う、という通例は、上のような場合には…

続きを読むread more