"おもしろ英文法"の記事一覧

しようとしmight

不憫な助動詞その2の might です。 仮定法や might as well (~するほうがましだ、~するも同然だ)の構文では、お目にかかりますが。 それ以外では、ほとんど could や may のほうをよく使います。 You might e-mail me. 「メールして」 これは、数少ないまだ現…

続きを読むread more

shallしましょうか

もはやあまり使われない、不憫な助動詞 shall。 shall はフォーマルすぎて、特にアメリカではほとんど will に取って変わられてます。 “I” と “we” 限定で、「~しましょうか?」という Shall I~? と Shall we~? だけは、まだまだ現役ですが。 Shall I には、こんなバリエーショ…

続きを読むread more

英語の「てにをは」

日本語の助詞の使い分けは、曖昧だと言われます。 実際、「私が」と「私は」とか、「そこへ」と「そこに」とか、どちらを使うか迷うときもしばしばです。 I introduced Jack to Jill. 「私がジャックをジルに紹介した」 I introduced Jill to Jack. 「私がジャックにジル…

続きを読むread more

1年前に育ちました

“grow” という動詞は、現在完了形で見かけることがわりと多いんじゃないでしょうか。 You've grown up. 「大きくなったね」 久しぶりに会った親戚の人などがよく言う台詞です。 もし、“You grew up.” と言ったら、なんだか妙な・・・。 過去形がNGなわけじゃなく、 I gr…

続きを読むread more

ファットベターな時間

何かをするのは今しかない、今が最適、と気持ち的には最上級のオンリーワンでも、あえて比較級を使う表現。 What better time than now? 「今より適した時間があるか(いや、ない)」 疑問形ではありますが、いわゆる反語というやつです。 what better は、what's better…

続きを読むread more