"英語の洒落"の記事一覧

大ばさみの喜び

同音異義語でシャレを作るのは、定番中の定番なのですが。 “That would be shear delight.” 「それは、大ばさみの喜びです」(直訳) 『スヌーピー』でこれを目にしたときは、まったくハテナでした。 ↓くだりは、こんな風です。全文書くのはマズイので、抜粋しますと・・・。 My dad…

続きを読むread more

地獄を煮詰める

こちら、わりとよく知られているジョークです。 “How do you get holy water?” “You boil the hell out of it.” 「どうやって、聖水を作るのですか?」 「水をよく沸騰させるのです」 it は water なので、boil the hell out of it …

続きを読むread more

お仕事してますか

久々の更新になってしまいました。 当ブログの方向性をどうしようか迷い中ですが、とりあえず復活します。またよろしくお願い致しますm(__)m ではでは、今日の本題。 「仕事」というと、「職業」ばかりでなく「しなければならないこと、務め」という意味ももちろんあります。 昔、「今日はやらなきゃいけないことがある」とホストマ…

続きを読むread more

哲学者は人生をあきらめたのか

philosopher は、「哲学者」の意味はもちろん、比ゆ的に「達観者」「諦観者」の含みもあります。 You are a philosopher. 「きみは、諦めがいい」 これって、呆れられてるんでしょうか、それとも感心されてるんでしょうか。 ビミョーです(笑)。 If you get a good wi…

続きを読むread more

要らないものに要る

言葉遊びみたいな、なぞなぞです。 It's need for no needs. What? 「要らないもののために要るものは、なーんだ?」 「不用品」という意味なので、no needs は複数形。 日本語でも、これと同じなぞなぞあった気がします。 答えは、trash can (ごみ箱)。 アメリカ英語で…

続きを読むread more