"えいごな雑話"の記事一覧

とってもヘンなジャパングリッシュ

知らないことばかりで、これホント?と笑い転げてしまったんですけど、ホントなんですかね。 family rope は、業務用じゃなく「家庭用の」という意味のネーミングだと思うけど、やっぱりネイティブからすればおかしなジャパングリッシュなのかも。 某スポーツドリンク「ポカ○スエット」も、ネイティブにとっては、sw…

続きを読むread more

ファイアマンは火を付ける人?

消防士さんは firefighter ですが、fireman も「消防士」です。 もとは fireman という語でよかったけど、今はポリティカル・コレクトネスの観点で、性差別的な語はイカン! ということで、firefighter が使われてます。 “You make fire like all the time…

続きを読むread more

ピータとピーターとピタ

Peter と pizza の発音て、似てます。 昔ニュージーランドにいた頃、「どんな食べ物が好きか」と Peter(ピーター)さんに聞かれて、pizza(ピザ)と答えたところ、えらくビミョーな顔をされました(実話)。 『ハンガー・ゲーム』の登場人物は Peeta(ピータ)ですが、これまた pita と似てます。 pi…

続きを読むread more

2歳の男の子のBFF

とてもほっこりする話です。 嫌なニュースばかり流れる世界で、こういう小さいけど心温まるものは嬉しい。 (※動画は削除) BFFという略語を時々目にしますが、これは Best friends forever (永遠の親友)の意味で、特に10代の若い女の子が使う言葉のようです。 この手のちょっと大げさな言葉は、茶化されて…

続きを読むread more

高タイムじゃないハイタイム

「高得点」は英語でも high score なのに、high time は「高タイム」じゃありません。 high time は「もう当然~していいはずの時間」や「潮時」。 high time: appropriate time or past the appropriate time (適切な時間、あるいは、適切な時間を過…

続きを読むread more