2016年05月17日

ジョージ・ルーカス監督とオスカー

久しぶりのブログ更新になってしまいました。
他ジャンルで色々やってたのですが、これからは英語ブログに本腰入れます。

それにしても、ジョージ・ルーカス監督がオスカー取ってないとは意外でした。
いや、だって、『スター・ウォーズ』も『インディ・ジョーンズ』も大ヒット作なのに。

編集によるものかもしれないけど、この動画はものすごく哀愁漂ってます。
クリエイターであれば、賞は取りたいに決まってます。これだけの功績を残しながら、アカデミー賞なしというのは、なんだかむしろ不条理な気もする……。





インタビュアーが、"You have every honor" (あなたはあらゆる栄誉を持っている)と言うと、ルーカス監督は "Almost" (ほとんど)だと訂正してます。

no Oscars(オスカーは受賞していない)という言葉が痛切です。


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

bullet pointで行こう

bullet point はリストの項目に付ける黒い点のことで、そこから「箇条書き」という意味で使われます。
bullet-point summary(個条書きの要約)というフレーズもありますね。

「箇条書きにする」という時の動詞は、I use bullet points. というように、use を使ったり、add(加える)やら、put(置く)やら、状況に応じてさまざまです。

↓こちら、セクシー女性によるえらくセクシーな天気予報。
もう、天気どころじゃありません。




I get the bullet points.
「要点は分かる」

と、動画で言ってるので、実際に黒点のリストで書かれてなくても比ゆ的な使い方もOKなのかも?


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

宇宙からhappy new year

明けましておめでとうございます。
昨年はサボリすぎたので、今年はもっと気を引き締めてがんばろう。

こちらのニューイヤー動画は、ESA(欧州宇宙機関)のものなんですが、redditで↓のように投稿されてたのでつい見てしまったという。

iss.png



しばらく見ないうちに、YouTube動画の文字起こしが見やすくなっていてびっくりです。
が、やっぱり自動文字起こしは限界があるようで、「planet earth」が「planet a」となってたり、「2016」のはずが「2060」になってたりします。

2016年、今年もよろしくお願い致します。

イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

自然はそれを許さない

encyclical の意味は「回勅」、発音は [ensíklikl] とあるのですが、「かいちょく」って何?

回勅(かいちょく ラテン語:Encyclicae (単数形)Encyclica)とは、カトリック教会の公文書のひとつ。ローマ教皇から全世界のカトリック教会の司教へあてられるかたちで書かれる文書で、道徳や教えの問題についての教皇の立場を示すものであるが、教義を決定するものではない。


上記引用は、ウィキペディアより。

6/18に、教皇フランシスコによる the environment and human ecology (環境と人間の生態系)についての回勅が公開予定とのこと。

Pope Francis’ encyclical: your questions answered

・・・と固い話はおいておいて、こちらの動画をご覧ください。
じわじわ来ます。





"Nature never forgives."

「自然は決して許さない」


「自然」は、叩いたら叩き返すもの。
God always forgives. (神は常に許す)とは対照的です。


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

試しちゃいけないチャーリー・チャーリー・チャレンジ

「コックリさん」に似た「チャーリー・チャーリー・チャレンジ( Charlie Charlie Challenge )」なるものが流行ってるとか。





Charlie はメキシコの悪霊と言われてますが、名前の由来ははっきりしないようです。


"Charlie" is actually a group of Mexican demons.

「チャーリーというのは、実際はメキシコの悪霊の一団」

参照:All you need to know about the Charlie Charlie Challenge


こういうのは、たとえ信じていなくても試さないほうが無難なのですが。
やってみたくなるのもまた人情。


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする