"英語学習"の記事一覧

翻訳の仕事

翻訳の仕事は、ざっくり分けて出版翻訳と実務翻訳がありますが、稼ぎやすいのは実務翻訳のほう。 下訳(原書の草稿)やリーディング(原書の概要)は別として、出版翻訳の収入は印税です。 夢の印税生活! ・・・と言いたいところですが。よほどベストセラーにならない限り、出版翻訳で生活していくのはキツいのではないかと。 私自身は、…

続きを読むread more

巻き舌はアメリカン

「r」と「l」の発音の仕方は・・・。 r は舌を丸めて口蓋に付けないようにして、「ウ」と発音する感じで。l は舌を上の歯茎近くにくっつけてから発音します。 l が日本語の「ら行」に近い発音です。 “A really red lorry”(真っ赤なトラック) “A really red lolly”(真っ赤なアメ) …

続きを読むread more

辞書オタクのワナ

英語学習者に必須の辞書といえば、英和辞典と英英辞典。 和英は・・・あってもなくてもいいんじゃないかと思ったり。 でも、単語を調べるには重宝しますね。 中辞典は語彙数9~10万、大辞典は30万程度。 最大の収録語数を誇る英和辞典は『グランドコンサイス英和辞典』で、なんと約36万項目。 収録語数が多いと、探すのに苦労したり…

続きを読むread more

ドリッピー、覚えていますか

『愛、覚えていますか』・・・じゃなくて。 『家出のドリッピー』、覚えていますか。 イングリッシュ・アドベンチャーというリスニングCDで、聞き流し教材の走りでした。 売りは、シドニィ・シェルダンがテキストを書いてることと、オーソン・ウェルズの声。 お二方とも、すでに鬼籍に入られてます。 シドニィ・シェルダンの本は…

続きを読むread more

トークるズのトーク

一般に、「聞ける人」より「話せる人」のほうが、断然「あの人、英語ができる」と思ってもらえます。 といっても、「聞けなきゃ話せない」ので、逆に言えば「話せれば聞ける」わけです。 そう考えると、スピーキングの練習は、英語の上達に欠かせないんですが。 聞くだけでも耳は鍛えられます。 ただ、声に出す(=アウトプット)こと…

続きを読むread more