2012年02月16日

TEDで英語

TED(テド)は、Technology, Entertainment, Design のこと。
学術・エンターテイメント・デザインなどの分野の、いろいろな人が講演会を催すアメリカのグループです。

YouTubeのTED Talksでは、ものすごい数の動画がアップされてて、見ごたえあり。日本語翻訳サイトはこちら

講演やインタビューは、普段の話し言葉に近い自然な英語なので、面白いですよ。

イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

オーとオウの発音

長音符(「ー」の表記)なのか、それとも母音表記なのか。
日本語でも、「どっちですか?」と聞いてみないことには、発音だけで判断するのは難しいです。

特に、社名やマンション名。
「ボール」だと思ってたら、実際は「ボウル」だったとか、よくあります。


英語でも、普通に話してるときに発音を区別するのは、至難のワザじゃないかと・・・。

発音表記は、[ɔ:]と[ou]。


Paul is crawling along a wall.

「ポールは、壁を這うように歩いている」

赤文字のところは、すべて[ɔ:]です。


Joan is combing her golden hair.

「ジョアンは、その金髪を櫛でといでいる」

赤文字の発音は、[ou]。
Joan は、日本語では「ジョアン」の表記が一般的かなと思いますが、発音は「ジョウン」です。

HOME


イングリッシュパーラー
タグ:英語 発音
posted by マーリン at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

アとアとアの発音

英語の母音の発音は、私たちには区別がとっても難しく感じます。

子音も、そうですけども。
“L” と “R”、“C” と “S”、“B” と “V” などなど。

よく言われるのは、「ア」の音。
同じ「ア」の発音でも何種類もあるので、厄介ですね。

cut (切る)- cat (猫) - cot (簡易寝台)

アの音は、[]-[æ]-[α]と、それぞれ違います。

[] は、口を少し狭くして発音する「ア」。
[æ] は、「エ」に近い「ア」。
[α] は、「オ」に近い「ア」

hut (小屋)- hat (帽子) - hot (熱い)

も、同様です。


[] と [æ] は、こんなのもあります。


a battler 「悪戦苦闘する人《オーストラリア英語》」と a butler 「執事」。
a stamp 「切手・踏みつける」と a stump 「切り株」。


[] と [α] も、結構紛らわしいです。

buddy 「相棒」と body 「身体」は、間違いやすいかも?


The zoologist wonders about bugs.

「動物学者は、虫に疑問を持つ」


The botanist wanders about bogs.

「植物学者は、沼地をさまよう」


ぜんぜん違うような、同じような・・・(笑)。

HOME


イングリッシュパーラー
タグ:英語 発音
posted by マーリン at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

短期間で英語を話せる無料DVD

「英語ができる人=英語を教えるのが上手い人」とは言えません。

英語を教えるのが上手い人は、再現性の高い効果的な学習法を体得している人です。

自分に合った学習法は人それぞれなので、誰にでも通じる学習法って、実際なかなかないんですが。
まれに、こういう方もいらっしゃいます。

『EQ英会話』の本城武則先生は、日本国内で5000人以上の英語ペラペラ人間を卒業させているそうです。

TOEIC250点でも英語は話せる、という事実は、ちょっと・・・いえ、かなり衝撃。


本城先生は、今でこそ英語を話す方法を人に教えていますが、学生時代、英語が大の苦手で、英語の成績はつねに最低だったとか。

社会に出てからも、英語に縁のない生活をしてました。
なのに、26歳の時、パイロットを志して会社をやめ、アメリカの飛行学校に入学。

英語が全くできないため、「まずは英語を勉強して来い!」と教官に言われ、挫折する事になります。

ところが、あることがきっかけで、英語がメキメキ上達。

2ヶ月半後、見事パイロットになり、その後アメリカ人に操縦を教える、飛行教官にまでなった、という経歴の持ち主です。


ゼロから英語が話せるようになるまで、わずか3カ月足らず。

その本城先生の英語学習DVDが、無料で配布されてます。
目からウロコ。いろいろ、ビックリです。

短期間で英語を話すための無料DVD
終了しました。

HOME


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

TOEICが年9回に

TOEICは、今は年8回(1・3・5・6・7・9・10・11月)、5月、6月、7月と9月、10月、11月は連ちゃんで毎月実施です。
これが、2012年度から、12月が増えて、年9回になるそうな。

だんだん実施数多くなってきますね。
さすがに毎月受験することもないので、力試しなら3ヶ月〜6ヶ月に1度くらいのペースでいいんじゃないかと思いますが。


TOEICは、時間配分と出題傾向をつかむことで、面白いぐらいスコアアップできます。
一番いいのは、時間を計りながら、模試をたくさん受けてみることです。

要は、「慣れ」。

インターネット申込みだと割引があるものの、それでも割引になるのは1年後から。
しかも、1回4,950円。
もうちょっと、安くなればいいのに(--ゞ

イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。