2005年03月18日

ガイドブック

その昔、管理人はニュージーランドに行きました。

ワーキングホリデーの予定だったので、当時行ける国は、カナダ・ニュージーランド・オーストラリアの3つに限られてました。現在は韓国・フランス・ドイツ・イギリス等、かなり拡大してます。

自分的にはカナダに行きたかったんですが、カナダのワーホリは、対象年齢が「25歳まで」。趣旨は、「国際的視野をもった青少年を育成」することだそうです。
まあ、年齢的に・・・そのなんというかで。

今はカナダも「18〜30歳まで」の人が行けるようになったようではありませんか。もっと、早く改定して欲しかった(泣)。

どうしてオーストラリアは候補から外したかというと、答えは単純。

メンドくさかったからです(笑)。

申請料金が高かったのか、申請制度が厄介だったのか覚えてないけど、とにかく面倒だったので、オーストラリアは初めからパスしてました。
ニュージーランドに行った時も、オーストラリアは目と鼻の先だったのに、結局行けずじまい。もったいなかった・・・(--ゞ

これからワーキングホリデーや留学を考えている方は、後悔しないようたくさん情報を集めてください。

ガイドブックの類は、よく使うからすぐボロボロになります。
基本的には日本に戻ってきたらもう用済みだけど、管理人はやっぱり手放せませんでした。
現地でさんざんお世話になり、想い出がいっぱい詰まったガイドブック。記念品のひとつですね。

HOME


本館 「イングリッシュパーラー」へ
posted by マーリン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワーキングホリデー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする