2012年03月12日

ゲットオンとゲットイン

何か乗り物に乗るときの定番動詞句は get on と get in ですが、この二つって、どちらを使うか正直こんがらがります(^^ゞ

get on は、「バス」「飛行機」「列車」「地下鉄」「自転車」等の場合
get in は、「車」「タクシー」等の場合

じゃあ降りる時は? ってことですが、降りる時も、2パターン。

get on に対応してるのが、 get off
get in に対応してるのが、get out of

↓の Doodlebops では、「バスに乗る」ことを take a bus ride とも言ってますね。



イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

クリスマスソング-5

クリスマスイブですね。

最後の締めは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの “Happy Christmas(War Is Over)” で。
反戦の楽曲ですが、そのメッセージは今も色あせることはありません。

地球上のどこかで、いまだ戦争は続いているのだから。

Another year over
A new one just begun


「ひとつの年が終わり、新しい年が始まった」

over の前に be が、begun の前に has が省略されているようです。

まだ、12月は1週間残ってるのに、どうして “over” とか “just begun” と言ってるんだろう、とちょっとフシギな感じがしませんか?

クリスマスは、もとは新年を祝う行事なので、「メリークリスマス」は「ハッピーニューイヤー」でもあるのかも。

皆さまに、メリークリスマス。

・・・私は、これから仕事に行ってきます(苦笑)。

セリーヌ・ディオンがカバーしているバージョンも素敵ですが、ジョン・レノンのほうを。



イングリッシュパーラー
ラベル:英語 動画
posted by マーリン at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

クリスマスソング-4

クリスマスソングと言ったら、これを出さなきゃ始まらないという感じの “Last Christmas”。
いろいろな方がカバーされてますが、当時 Wham! のジョージ・マイケルの声が、もう大好きです。

last は、「最後の」ではなく「去年の」。
the last なら、「最後の」ですが。

Once bitten and twice shy

「一度ひどい目にあって、2倍内気になった」

“Once bitten,twice a shy” は、「一度かまれると、二度目は臆病になる」ということわざです。
日本語で近いものに、「あつものにこりてなますを吹く」がありますね。

twice は「二度目に」と訳すか「2倍」と訳すか、解釈が分かれるところです。
どちらの訳詩もあるので、お好みのほうで。



イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

クリスマスソング-3

サンタさんが歌う『ジングルベル』は一味違います。
サンタさん、歌うまっ!

Jingle Bells は、Santa's favorite Cristmas song of all (サンタの一番好きなクリスマスソング)だそうです(^^)




ニュージーランドのショッピングセンターで、子供向けのクリスマスのイベントをやってた時、恥ずかしげもなく(笑)、サンタさんと一緒に写真を撮ってもらいました。

クリスマス

南半球なので、12月は真夏。
半袖着てて、なんか変な感じです。

イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

クリスマスソング-2

クリスマスソングの定番のひとつです。
マライア・キャリーの『All I Want for Christmas Is You』。

日本語タイトル『恋人たちのクリスマス』は、カワイイ感じですね。
タイトルそのまま訳すと「クリスマスに欲しいのは、ただあなただけ」。

“Santa,won’t you bring me the one
I really need,won’t you please
Bring my baby to me”


「サンタさん、私が本当に必要なものを持ってきてくれないの?どうか、彼を連れて来てくれない?」

Won’t you please は、形は否定の疑問文ですが「依頼」してます。

ニュージーランドでは、クリスマスはお店がことごとく休みで、街は閑散としてました。
昨今は、日本はもとより、アメリカでもクリスマスは「稼ぎ時」になってるようで。

クリスマスに仕事で忙しい人も多いでしょうね。
かくいう私も、仕事です(^^ゞ



イングリッシュパーラー
posted by マーリン at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。