2013年09月27日

ベストマンは善き人か

概要を見ると、兄弟が結婚して家族のもとを去って行く際の悲しみを表現した動画・・・と思われます。
三人兄弟で、そのうちの一人が結婚するという状況。

↓一度見ると、ハマります。中毒性が高い(笑)。





a best man song とありますが、best man は、「花婿の付添人」。

Wikipedia によると、groomsmen (花婿の付き添いの男性)のうち、主要な一人が best man と呼ばれるとのこと。
そのため、通常は a best man と単数です。

アメリカでは groomsman がよく使われ、イギリスやアイルランドでは usher が一般的な様子。
英和辞書には、usher は「(結婚式などの)先導役」のように載ってます。

Groomsman -Wikipedia
usher


イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

同情するなら褒めてくれ

同情するなら金・・・ではなく賞賛がほしいそうです。

"Give me compliments."

「褒め言葉をください」

ちなみに、よく似ている complaint は「不平不満」ですが、「文句を言う」は give a complaint でなく、make a complaint

make/give a complaint





気持ちはすごく分かるかもしれない(笑)。

ofcourseness 等、造語でしょうか。検索してもヒットしませんでした。
of course (当然)の名詞形みたいなニュアンスかと。

ところどころ交じるのは、何語だろう。

最後に、タートルネックを褒めてもらえてよかったね、としみじみ。


イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

iPhoneに私は勝つ

ラップ調の曲に合わせて誰かと誰かが張り合う、エピックラップバトル・シリーズ。
どれも面白いんですが、こちらはスティーブ・ジョブズvs.ビル・ゲイツ。





ジョブズ氏が古着のジーンズとタートルネックだとか、アップルはウィルスがないとか(笑)。
崩した英語で互いに応酬しまくりです。

ゲイツ氏が、iPhone を iPwn、iPad を iSmack と言ってますが、これ上手い!

pwn は「(人に)勝つ」というスラング。
もともとは own を間違えて pwn としたところから、pwn という語ができたそうな。

pwn:Urban Dictionary

pad は動詞だと「〜にパッドを当てる」という柔らかいイメージですが、smack は「〜をピシャリと叩く」。

I pwn, I smack とゲイツ氏がジョブズ氏に反撃してます。
pwn の発音は、以下で。





イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

Get Luckyのラッキー

『ザ・コルベア・レポー( The Colbert Report )』という番組をご存知でしょうか。
アメリカの人気トーク番組です。

このスティーヴン・コルベア氏は、コメディアンであり俳優でもあるそうな。
パロディとしての政府批判、社会風刺が大ウケの様子。

下の動画は、トークではなく Get Lucky montage というタイトルがついてます。(※その動画はすでに削除)

ダフト・パンク( Daft Punk )をフィーチャーしようとして、キャンセルになったようです。
due to an mtv contract (MTVの契約のために)とあるので、まあ、いわゆる大人の事情というやつかと。

コルベアさんのこの回の動画はいくつかアップされてますが、片っ端から削除されてるので見ることができた方は、まさにラッキー。





イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

ドッグスはソックスがお好き

犬は靴下が好きなんだろうか。
犬を飼ったことがないのでよく分からないけど、靴下を噛んだりして遊んだり?

Dogs like socks (犬は靴下が好き)という歌です。




"Don't judge me!"

「私を非難しないで」

は、歌のタイトルとして有名かも。

judge は「裁く」の他、「判断する」という意味もありますが、この使い方だと、「非難する」「批判する」のように「悪いほうに評価する」ニュアンスですね。


イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。