"英語でどう言う?"の記事一覧

「金欠だ」

おそらく日本人もよく使う言葉じゃないでしょうか。 私も結構言ってます(笑)。 "I'm so broke." 「金欠だ」 broke は「無一文の」という形容詞。 実質、bankrupt (破産した)と同じ意味で使われることもありますが。 話し言葉で使うときは、冗談めかした誇張表現の場合が多い気がしま…

続きを読むread more

「分かってる」

たとえ、死に瀕した奥さんの頼みといえど、約束できない事柄もあれこれあるものです。 "I hear you." 「分かってるよ」 "Yes, I promise." (ああ、約束する)と答えることができない場合に便利かも。 相手の言葉に対して、「聞いてる」「分かってる」と言うだけで、Yes とは言ってません…

続きを読むread more

「承知いたしました」

ビジネス英語でよく見られるフレーズです。 "Duly noted." 「承知致しました」 duly は「正式に」、note は「~に気を留める」。 "Noted." (分かった) や "Yours noted." (承知しました)も同じような意味ですが、"Duly noted." のほうが丁寧な様子。 …

続きを読むread more

「万人向けではない」

Thug Kitchen のクッキングブックのアドなんですが、きっと眉をひそめる人もいるのではないかなと思う料理本です。 "Thug Kitchen is not for everyone." 「サグ・キッチンは万人向けではない」 とアドの中でも言ってます。 サグ・キッチン は、clean food (クリー…

続きを読むread more

「ただいま」

英語では「おかえり」「ただいま」という言葉を日本語ほど慣用的には使わないけど。 告げるべき時は、ちゃんと「帰ったよ」って言いたいですね。 "I'm back." 「ただいま」 もちろん、"I'm home." でもOK。 最後あたりで最悪な結果が示されるのかとびくびくしてましたが。 い…

続きを読むread more