2016年05月19日

ファイアマンは火を付ける人?

消防士さんは firefighter ですが、fireman も「消防士」です。
もとは fireman という語でよかったけど、今はポリティカル・コレクトネスの観点で、性差別的な語はイカン! ということで、firefighter が使われてます。





You make fire like all the time.
「きみはいつも火を付けてる」


辞書引くと、「火をおこす」は make a fire とたいてい “a” が付いてます。
たまーに、a のない、make fire の用例もあり。

この台詞の “like” は何ぞ? という感じなのですが、多分意味のない like ではないかと。
日本語でよく「〜みたいな」とか「〜な感じ」(←私もよく使う)のようなニュアンスっぽい?

以下のような、記事もありました。

Why we, Like, Say “Like” All the Time


話を戻して・・・。
哀れ、ファイアマンは解雇を言い渡されてしまいます。

I'm gonna have to let you go.

「きみを解雇しないといけない」

と最初に言われ、ウォーターマンが出てきてから最後に “You're fired.” (きみはクビだ)と言われます。

fire man だけに、うまいオチ。


イングリッシュパーラー
ラベル:英語
posted by マーリン at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | えいごな雑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。