bullet pointで行こう

bullet point はリストの項目に付ける黒い点のことで、そこから「箇条書き」という意味で使われます。
bullet-point summary(個条書きの要約)というフレーズもありますね。

「箇条書きにする」という時の動詞は、I use bullet points. というように、use を使ったり、add(加える)やら、put(置く)やら、状況に応じてさまざまです。

↓こちら、セクシー女性によるえらくセクシーな天気予報。
もう、天気どころじゃありません。




I get the bullet points.
「要点は分かる」

と、動画で言ってるので、実際に黒点のリストで書かれてなくても比ゆ的な使い方もOKなのかも?


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック