2016年01月03日

bullet pointで行こう

bullet point はリストの項目に付ける黒い点のことで、そこから「箇条書き」という意味で使われます。
bullet-point summary(個条書きの要約)というフレーズもありますね。

「箇条書きにする」という時の動詞は、I use bullet points. というように、use を使ったり、add(加える)やら、put(置く)やら、状況に応じてさまざまです。

↓こちら、セクシー女性によるえらくセクシーな天気予報。
もう、天気どころじゃありません。




I get the bullet points.
「要点は分かる」

と、動画で言ってるので、実際に黒点のリストで書かれてなくても比ゆ的な使い方もOKなのかも?


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情報/英語ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432054253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。