外国人講師

管理人が講師をしていた英会話スクールでは、外国人講師は2回に一度の割合で入ってました。
今はたいていどこのスクールでも外国人講師を入れてますが・・・。

いや、ほんと、先生といってもいろいろな人がいるもんです。
レッスンの時寝ていたり、レッスンをドタキャンしたり。
そんな時は、日本人講師が生徒のお母さん方に取り繕わなければなりません。

もちろん、熱意を持って教えている立派な外国人先生もたくさんいるけど。
テキトーな気持ちでレッスンを行っている先生がいるのも事実で。
残念というか、悔しいというか。

だって、日本人講師の倍近い給料をもらってるんですよ。
外国人講師を採用しているスクールでは、外国人の人件費がかなりのウェイトを占めているはずです。

外国人講師の採用条件は、スクールによってまちまちで、教育経験がなくてもOKのところもあり。
資格をもったネイティヴの外国人先生は大手の英会話スクールにとられてしまうので、小さなスクールはネイティヴじゃない人でも採用します。
 
管理人も外国人講師の採用面接に立ち会う機会があったのですが、面接自体結構いいかげんなものでした・・・大きな声じゃ言えませんけど(苦笑)。

ウチの英会話スクールで一番多かった外国人は、フィリピンの先生です。
フィリピンでは英語が公用語だし。髪は金(茶)髪に染めてたらしく、見た目まったく西欧人と変わりません。
スクールにとって、ネイティヴっぽく見える外国人講師はポイント高いようです。

英語が公用語になってる国がどれくらいあるのか調べてみたら・・・あるわ、あるわ。

インドは有名かな。
パキスタンでも、準公用語になってるのには、ちょっとビックリ。
知り合いのパキスタンの人たちは、そんなに英語がしゃべれるとは思えないんだけどなぁ・・・。

国によって、英語も発音が違います。
まずアメリカ英語とイギリス英語が違うし、カナダの英語、オセアニアの英語、などなど。

正統派のイギリス英語が好きな人は多いんですかね。
「子供に教えるのはイギリス英語以外ダメ」という、生徒のお母さんもいました。
 
黒人には独特の英語のアクセントがあると言われますが。
黒人先生、人気がありましたねぇ。なんたって、ノリがいい!
一緒にレッスンをしていても、レッスンにメリハリがあって、とても楽しかったです。
 
子供英会話なら特に、黒人の先生がオススメ。
ただし、初めは体の大きな黒人先生を恐がって、子供が泣き出しちゃうこともあるのでご注意を(^^ゞ

HOME


「イングリッシュパーラー」へ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック