ホラーなシュレーディンガーの猫

「シュレーディンガーの猫」とは、ぶっちゃけていえば。

箱の中を確かめるまでは、猫が生きてる確率と死んでる確率はどちらも半々の50%。

でも箱を開けて結果を見た時点では、どちらかに確定してます。
確定したということは、確率としては100%の状態です。

本当に観測したいのは100%でなく、確率50%のときの状態。
なので、箱を開けたあとでは、「本当に知りたいのはそこじゃねー!」という話。





半分生きてて、半分死んでるというのは、実際にはあり得ません。
あるとしたら、もはやホラー。


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック