2014年10月14日

ホラーなシュレーディンガーの猫

「シュレーディンガーの猫」とは、ぶっちゃけていえば。

箱の中を確かめるまでは、猫が生きてる確率と死んでる確率はどちらも半々の50%。

でも箱を開けて結果を見た時点では、どちらかに確定してます。
確定したということは、確率としては100%の状態です。

本当に観測したいのは100%でなく、確率50%のときの状態。
なので、箱を開けたあとでは、「本当に知りたいのはそこじゃねー!」という話。





半分生きてて、半分死んでるというのは、実際にはあり得ません。
あるとしたら、もはやホラー。


イングリッシュパーラー
ラベル:英語 アニメ
posted by マーリン at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画で英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。