2014年07月27日

『ジョーズ』はホモ映画だった?

スティーヴン・スピルバーグ監督の1975年の映画『ジョーズ』は、子供の頃観て、ものすごく怖かったのを覚えてます。

人がジョーズに食われるところは、かなりショッキングでした。

もちろん、『ジョーズ』はスリラー映画なのですが。
実は、repressed homosexuality (抑圧されたホモセクシュアリティ)を描いているというトンデモ新解釈。





大胆なジョーズ・・・もとい、ジョークです(笑)。


イングリッシュパーラー
タグ:英語 洋画
posted by マーリン at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画で英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402651458
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック