『ジョーズ』はホモ映画だった?

スティーヴン・スピルバーグ監督の1975年の映画『ジョーズ』は、子供の頃観て、ものすごく怖かったのを覚えてます。

人がジョーズに食われるところは、かなりショッキングでした。

もちろん、『ジョーズ』はスリラー映画なのですが。
実は、repressed homosexuality (抑圧されたホモセクシュアリティ)を描いているというトンデモ新解釈。





大胆なジョーズ・・・もとい、ジョークです(笑)。


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック