2013年10月22日

今日はプレゼント

Yesterday is history, tomorrow is a mystery, but today is a gift. That is why it is called the "present."

「昨日は過去、明日は謎、今日は贈り物。今日という日は『プレゼント』だから」





この台詞、映画『カンフー・パンダ』の中で聞いたのですが、もともとはアリス・モース アールさんの Sun-Dials and Roses of Yesterday という本にある言葉だとか。

history と mystery で韻を踏んでるのに、gift で一瞬「え?」となります。

present は、gift と同じく「プレゼント」の意味と「現在」の意味があり。
そこで、引っかけが分かります。


本文では Yesterday〜 の前に、"Time waits for no man." とあり、これは

"Time and tide wait for no man"

「歳月人を待たず」

ということわざから来てるようです。

"Yesterday is History, Tomorrow a Mystery, Today is a Gift, Thats why it's called the Present" Who is that by


time (時間)と tide (潮流)で、これまた韻を踏んでます。

ちなみに tide of time は「時運」。
the tide of the times (時代の流れ)も、よく見かけるフレーズです。


イングリッシュパーラー
タグ:英語
posted by マーリン at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の洒落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378173288
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。