クリスマスとフルーツケーキ

クリスマスにフルーツケーキを食べるというのを、この小説で知りました。
トルーマン・カポーティーの『クリスマスの思い出( A Christmas Memory )』。

ラム酒に漬け込んだドライフルーツを使うケーキです。生のフルーツではなく、ドライフルーツなので日持ちします。

カポーティーの A Christmas Memory は短編なんですが、朗読すると30分以上かかるんですね。
聞きやすい英語だけど、洋書を見ながらでないと難しい・・・。




A Christmas Memory Truman Capote


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック