whenとwhile

接続詞の when は「~の時」、while は「~の間」。
while のほうが時間の幅がある感じです。

Make hay while the sun shines.

「日の照るうちに干し草をつくれ」

時期を逃すな、ということわざですね。

while の後に続く動詞は進行形 -ing になることが多いけど、必ず進行形というわけでもありません。


同じような意味の when と while ですが、この2つを一緒に使うこともできます。

When you read a book while I'm talking, I feel ignored.

「私が話している間あなたが本を読んでいると、無視されたと感じる」


探してみると、when と while をひとつの文で使うことって、結構あるようで。
その場合、どれも when が先で、while が後でした。

こんなニュアンスでしょうか。

while.JPG

訳すときは、while を先にして when を続けると、しっくりきます。
「~の間に・・・するとき」は直訳すぎるので、「~して」「~すると」などなど、ちょっと工夫してみると自然な日本語になりますよ。

HOME


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック