トゥ・ビー・コン・・・?

物語の中で、とりあえず締めくくるとき、「まだ続きますよ」ということで、

To be continued.
「続く」


文法的に解釈すれば、The story is to be continued. でしょうか。

「be to不定詞」は、「予定・義務・可能」etc. の意味なので、mustought tocan などと置き換えて考えると分かりやすいかと。

「続く」は、To be continued の形が定番で通例です。
主語・動詞付きでお目にかかることは、ほとんど皆無。

そもそも、この continue という動詞、他動詞で「~を続ける」の意味はあるものの、受身形で be continued (~が続けられる)となること自体わりと少ないし。

形容詞で、continued (継続的な)ならありますが。

to be continued の continued が、受身なのかそれとも形容詞なのかというのは、考えても不毛なのでやめます(笑)。


To be concluded.
「次回完結」


この表現は、To be continued のパロディ的に広まって定着したようです。

conclude も、「~を完結させる」という他動詞があるので、受身形が可能。ただ、あるいはこちらも concluded (完結した)は形容詞なのかも・・・?


Concluded.
「完結」


To be がないと、「今回で完結」「以上」のような結びになります。微妙すぎる・・・。

普通に、End じゃダメなのか(笑)。
話し言葉なら、That's it. (それでおしまい)ってところですね。


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック