面白半分楽しみ半分

「面白半分」というと、なんだか不真面目で、どちらかというとネガティブな言葉かもしれません。

He said it only in fun.

「彼は、ただ面白半分にそう言った」

in fun のほかに、 for funfor the fun of it [the thing] でもいいですね。

「半分」なのに half はいらないのかな、という感じですが、half in fun とすれば、これまた「面白半分に」の意味になります。


for fun や for the fun of it は、

I read a book for fun.

「楽しみのために本を読む」

のように、普通の意味でも使うので、文脈次第というところでしょうか。


『スヌーピー』に、こんな台詞があります。

Half the fun isn't always half the fun.

これ、どうやって訳しますか?

「楽しみの半分が、いつも楽しみの半分なわけじゃない」とは、一体・・・。
前後関係が分からなければどうしようもないけど、フツーの訳ではどうも面白くありません。

「楽しみの半分がいつも面白半分てわけじゃない」と訳された谷川俊太郎さん。
さすが、言葉のプロです。


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック