時間と戦うTOEIC

TOEICって、何が一番シンドイかといえば、時間配分の大変さじゃないでしょうか。

普通の試験でももちろんそうですが、特にTOEICは時間的にキビしい。

分からない問題は、こだわらず諦めて次へ行かないと、時間が間に合いません。問題数と制限時間から見て、ひとつの問題にかけられる時間は、ごくわずか。

問題を飛ばして空白にしても、あとから見直す時間はおそらくないので、テキトーでも直感でも答えを書いておくほうがよいです。


この制限時間に対するプレッシャーは、数をこなして慣れることで克服できます。

自分で時計を見ながら問題を解いていると、時計ばっかり気になってかえって問題に集中できなかったりします。難しいとこですね。


イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック