ノウハウマスターになっていませんか

ビジネス系の情報商材は昔から巷にあふれてましたが、英語学習に関しても、結構見かけます。

「情報商材」というとなんとなくネガティブなイメージがするので、eブックとか、オンラインコンテンツという呼び名でしょうか。

これらは、商材であって教材ではありません。

ためになるノウハウは提供されても、直接英語の勉強にはつながりません。

ノウハウをたくさん読むと、自分的にたくさん勉強した感じになりますが、ノウハウはあくまでやり方を示してくれてるだけです。
実際に、英語に触れなければ、なんにもなりません。

本当はノウハウを知らなくても、コツコツやっていれば、いつかは必ず効果は現れます。
ただ、こういった商材を使ったほうが効率的にはいいです。

教材も商材は、目標への shortcut(近道)にすぎないので、独学だからムリということはありません。

独学の方も、学習教材を使っている方も、商材を参考にされてる方も。
楽しみながら、一緒にがんばりましょ(^^)

イングリッシュパーラー


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック