2006年07月07日

日本語教師

日本語を学んでる外国人の人たちって、いるもんです。
日本に来るなら、そりゃ日本語覚える必要ありますけど、外国でわざわざ日本語覚えて役に立つんだろうか・・・とギモンに思ってました。

中国に滞在した時、1ヶ月ほど、専門学校で臨時の日本語教師をしたことがあります。

父親が中国で日本語教師をしてたので、こっちはまったく観光で中国に行ったんですけど。
なんの因果か、父の教えてる専門学校で、飛び入り教師を任されてしまったのでした。
週5日勤務で。

もちろん、資格もないし、給料ももらってないボランティアのようなもんだったけど・・・。
生徒さんは、高い授業料払って日本語勉強してるわけです。
日本人てだけで、シロウトに授業を任せていいのか、学校側!?

授業は何やってもいいから、と言われて、ビギナークラスからアドバンスクラスまで、高校生から大学生くらいの年齢の生徒さんに、教えさせていただきました。

今考えても、あまりにもスチャラカな学校側の体制(苦笑)。

中国では日本企業がたくさんあるので、日本語ができると就職に有利になると、生徒さんたちは言ってました。
しっかりしてるわ、みんな・・・。

日本で、日本語教師の資格を取るのって、すごく大変なんだそうで。
合格率が激しく低いという話だし、資格を取っても、仕事があるかどうかも分からない・・・。

どうですかね。
日本語教師を目指している方、中国へ行ってみては?
現地でも、日本語教師をよく募集しているようです。

ただ、問題は・・・。
中国 “元” で給料をもらっても、日本 “円” に換算すると生活していけないことでしょかね(--ゞ

HOME


「イングリッシュパーラー」へ
ラベル:海外旅行 中国
posted by マーリン at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英会話上達
Excerpt: GOOD JOB!
Weblog: 無料で英会話を上達させよう
Tracked: 2006-09-25 21:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。